News

  • カタール向けお船積みについて [2017-06-07]

    サウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンの4カ国(これにイエメンの暫定政権とモルディブを加えた計6カ国)は、協調する形で今週カタールとの国交断絶を発表しました。

    これに伴い、UAE経由にて承っておりましたカタール向けLCLを従来通りお取り扱いすることが出来なくなっております。

    既にブッキングをいただいております貨物につきましては、UAE-カタール間の国交が回復するまでDUBAI, UAEにて留め置きとさせていただきます。(本措置によるDUBAI, UAEでの保管料は発生いたしません。)

    お客様にはご不便をお掛けしますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

    尚、FCL貨物のお取り扱いにつきましては、各船会社様の対応に準拠いたします。

  • 日本発アジア向けTHC新料率のご案内 [2017-05-24]

     FCL貨物における日本発アジア向けTHC新料率につきまして、添付の通りご案内申し上げます。

    お客様におかれましては、ご理解・ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

    日本発アジア向けTHC新料率のご案内

  • HAMAD PORT, QATAR向け新レギュレーション [2017-05-18]

    HAMAD PORT (旧DOHA)向け船積みはCFS, CYにかかわらず全ての貨物にパレッタイズが必要となりました。

    お手数では御座いますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

    本件につきましてご不明な点が御座いましたら、最寄りの各支店までお問合せください。

  • <重要> ドックレシート本書廃止について [2015-12-01]

     ドックレシート本書の使用に関し、平成27年12月末日にて廃止とさせて頂きます。

    平成28年1月より、弊社ホームページにあるエクセルフォームを使用して頂く事となります。

    ホームページ上よりエクセルフォームをダウンロードして頂き作成後、B/L作成用として
    弊社宛へメール、倉庫宛へファックスで送信をお願い致します。

    尚、弊社宛メールアドレスは下記の通りです。

    東京 : dock-tyo@marine-star.co.jp
    大阪 : dock-osa@marine-star.co.jp
    名古屋 : dock-ngo@marine-express.co.jp

    印刷用はこちらからダウンロードしてください。

    ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

  • 韓国向けB/Lの品名記載方法と内蔵個数表記に関するお願い [2013-03-28]

     2012年12月1日より、韓国向け(韓国を経由する貨物も含む)船積みに関する規制が厳格化されました。B/L上の品名記載が曖昧な場合は現地税関でのペナルティーの対象となり、現地での貨物引取りに支障をきたす可能性がありますので品名欄の記載には十分ご注意いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

    不明瞭な記載例

    1.日本語のみの入力

    2.数字・アルファベットのみの入力(0,1,11,123,A,B,AAAなど)

    3.記号・特殊喪にだけの入力(!,@,#,$,%,&,?,^など)

    4.曖昧な品名(SAMPLE, PARTS, ACCESSORY,MACHINE,ACHEMICAL, CLOTHES, GOODSなど)

    5.ブランド名だけの入力(NIKE, ADIDAS, PUMA, NESTLEなど)

    6.形容詞だけの入力(INTERGRATED, MOBILE, OUTDOOR, AUTOMOTIVEなど)

    品名が複数にわたる場合は、全ての詳細が必要となり、ETC や AND SO ONなどの表記は認められません。

    B/L上には内蔵個数も明記する必要があり、されていない場合はペナルティーの対象となる可能性がありますので

    PALLET, SKID, BANDLE等の場合はご注意いただけますよう宜しくお願い致します。

  • WEB BOOKINGのBOOKING NO.自動返信 [2011-09-27]

    WEB BOOKING後にBOOKING NO.を自動的に返信しておりますが、
    稀に返信メールが送られてない事があります。もし返信メールが12時間以内に来ない場合は
    お手数ですが弊社の営業担当もしくは輸出業務までご連絡下さい。宜しくお願い致します。

  • EU24時間ルールに関するご案内 [2011-01-07]

    2011年1月1日以降の船積み分より実施された、EU加盟国における貨物情報事前申告制度につきまして

    下記の通りご案内させていただきます。

    1.対象貨物

    EU加盟国以外の港で船積みされ、

    • (A) EU加盟国向けに輸送される貨物
    • (B) EU加盟国以外に輸送されるが、EU加盟国の港で陸揚げされる貨物
    • (C) EU加盟国以外に輸送されるが、EU加盟国の港で別の本船に接続される貨物
    • (D) EU加盟国以外に輸送されるが、EU加盟国の港に寄港する本船上にある貨物

    2.提出期限

    EU加盟国に寄港する本船に船積みされる24時間前


    上記に該当する船積みに関しましては、下記のENS (ENTRY SUMMARY DECLARATION)情報を
    EU加盟国で最初に寄港する港の税関に提出することが義務付けられます。

    1. 輸送品の数量(Number of Items)
    2. 荷送人(Shipper's Name , Address and Zip Code)
    3. 荷受人(Consignee's Name, Address and Zip Code)
    4. 貨物到着通知先(Notify Party)
    5. 品目名(Description of Goods)
    6. 荷姿及び荷姿毎の個数(Type of Packages/Number of Packages)
      Package / Pallet / Skidのみの荷姿表記は認められません。
      そのような荷姿表記をされる場合は、必ず入数の記載が必要となります。
    7. 総重量(Gross Weight)
    8. HS コード(6桁)
    9. UN 番号(危険品の場合)

    ご質問等がございましたら、最寄の各支店までお問い合わせ下さい。

  • ポートケラン向け・ポートケラン経由貨物HS CODE記載のご案内 [2009-04-13]

    掲題に関しまして、PORT KELANG港湾当局の通達により、
    2009年4月1日以降のPORT KELANG着の本船より、
    PORT KELANG向け・PORT KELANG経由貨物に関して、
    MANIFEST及びB/L面上にHS CODE (6桁)を記載する事になりましたが、
    適応開始日を2009年8月1日以降のPORT KELANG着の本船に変更されました。

    詳しくは各事務所の輸出業務担当にお問い合わせください。

  • インド西岸向けIEC (Import Export Code)導入のお知らせ [2008-12-17]

     題記に関しまして、既にインド・ナバシェバ向け・ナバシェバ経由内陸ICD向け貨物に関する
    IEC (IMPORT EXPORT CODE) 導入に関しましてご案内申し上げましたが、
    2009年1月1日以降インド港着に対しても全面的に適用になります。

    今後はインド向け船積みをされるお客様は、インド側輸入者様よりIECをご入手の上、
    B/L INSTRUCTION (DOCK RECEIPT)に記載頂けますようお願い致します。