News
各タイトルをクリックすると詳細が表示されます。

  • 2月 LOW SULPHUR FUEL SURCHARGE (LSS)のご案内 (輸出) (2020-01-15)

    掲題に関しまして、 料率を下記の通り確定致しましたので

    ご案内申し上げます。

    アジア *1                                                                          : US$3.00/RT

    インド・ドバイ向け直行サービス (インド・ドバイ経由を含む)     : US$5.00/RT

    豪州                            : US$5.00/RT

    *1. 韓国向け及び韓国経由、上海・青島・大連・新港向けを除く

    FCL貨物に関しましては、利用船社の規則に準じます。


  • Drayage Recovery Surcharge 改定のご案内 (輸入) (2020-01-08)

    この度、日本向け輸入貨物サービスにおきまして

    2019年4月より導入のDrayage Recovery Surcharge の料金を

    改定させて頂く事となりました。詳細につきましては下記の

    添付資料にてご案内いたしますので何卒ご理解を賜りますよう

    お願い申し上げます。

    20200108_輸入Drayage Recovery Surcharge改定のご案内.pdf

  • 日韓航路 BAF料率改定のお知らせ (輸入) (2019-12-26)

    この度、日本向け輸入貨物のサービスにおきまして

    日韓航路 BAF (Bunker Adjustment Factor) の料率を

    改定させて頂く事となりました。詳細につきましては下記の

    添付資料にてご案内いたしますので何卒ご理解を賜りますよう

    お願い申し上げます。

    20191226_日韓航路BAF(Bunker Adjustment Factor)料率改定のお知らせ.pdf

  • Drayage Recovery Surcharge料金改定のご案内 (2019-12-09)

    拝啓 貴社ますますご清栄の事とお慶び申し上げます。

    平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

    本年4月より導入させていただいておりますDrayage Recovery Surchargeですが、

    添付の通りに料金を改定をさせていただく事となりましたので、

    何卒ご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

    20191209_DRAYAGE RECOVERY SURCHARGE料金改定案内.pdf

  • LOW SULPHUR FUEL SURCHARGE (LSS)導入のご案内 (輸出) (2019-12-09)

     2020年1月1日より施行されます国際海事機構(IMO)決定の新基準に基づき、

    各船社において低硫黄成分含有のの燃料を使用するにあたり、燃料費増加分を補うための

    チャージ導入が進んでおります。

    弊社におきましても、新たにLOW SULPHUR FUEL SURCHARGE (LSS)を導入する事と

    なりましたので、添付ファイルの通りご案内申し上げます。

    20191209_LSS.pdf

    どうぞよろしくお願いします。